子供と女性|うつ病の原因は主にストレスと言われています

うつ病の原因は主にストレスと言われています

男の人

子供と女性

レディ

うつ病は大人や社会人だけがなる病気ではありません。子供でもうつ病に罹ります。子供のうつを防ぐためにも知識が必要ですしっかりと対策をしてうつを防ぎましょう。子供がうつになる原因は基本的にいじめによるものです。子供はいじめられても、誰にも相談せずに抱え込んでしまうことが多いことがストレスを溜め、うつになる原因になります。教師に相談しても解決してくれない事は少なくありません。また、表面的に解決したことにしておいて、実際には解決していないことも多いでしょう。その為、子供は大人に不信感を覚えて相談しなくなり、自分一人で問題を抱えて自殺してしまいます。それを防ぐために親や兄弟の強力が必要です。また、転校などによる環境の変化や恋愛などでもストレスを感じます。子供は基本的に感情をコントロールすることが大人に比べて苦手なので、感情が表に出やすいと言えるでしょう。その為、子供の変化には気が付きやすいので、注意しておくとうつを未然に防ぐことができます。子供は感情をうまく表現できません。ストレスを感じていてもそれをうまく表現することができないのです。その為、「頭が痛い」「気分が悪い」「食欲がない」などといった表現をとります。原因が何かわからない時はストレスによることが多いので、注意しておくと良いでしょう。また、イライラして怒りっぽくなったり、急に甘えるなどといった行動が見られた場合にはストレスを溜め込んでいる場合があります。引きこもったり、不登校になると対処が難しくなってくるので、初期症状が出てきた段階で素早く対処するのがとても重要です。医師と相談しながら学校や塾、部活などは休ませるようにしておきましょう。そして、「頑張れ」と励ますと余計に症状が悪化します。医師からも注意されると思いますが、子供のストレスに対する体勢や心の余裕は大人に比べて少ないです。すぐにパンクしてしまうので、頑張れなどと言って精神的に負担を書けるのはうつ病を悪化させる原因になることをよく理解しておきましょう。一般的には励ましてあげると、元気づける効果があると思われがちですが、健常者とうつの方では精神的な状態が全く違います。うつの方は何でもかんでも自分で抱え込んでしまうので、応援されると逆にプレッシャーに感じてしまうのです。「もっと頑張らなくては」と思い余計にストレスを溜め込んでしまうでしょう。
最近では女性差別やセクハラが問題になっています。デリカシーのない言葉や行為などは女性にとって重大なストレスになるのです。好きでもない上司から執拗に食事などに誘われるととてつもないストレスを感じます。そのようなストレスが積み重なるとうつ病になる原因になるのです。執拗に食事などに誘われたり、デリカシーにない言葉などによってストレスが溜まると、出社したくなくなります。その為、会社に行くのも嫌になるため引き籠もるようになり、次の就職にも影響が出てきてしまうのです。また、近年では女性の社会進出が進み、男性には負けられないという思いが重圧となりストレスを感じてうつ病になってしまいます。