焦らずに行動する|うつ病の原因は主にストレスと言われています

うつ病の原因は主にストレスと言われています

男の人

焦らずに行動する

1人のレディと2人のメンズ

うつ病になってしまう多くの人は、働けない自分を不甲斐無く思いネガティブな思考になってしまいます。そのため、病気の症状が悪化してしまい、なかなか回復に進むことができません。うつ病を完治させるためには、まず焦らずに今の自分を受け止め少しづつ病気の回復を待つことが大切なポイントです。復職を急いでしまっても、また再発する可能性が高いため復職を考えている人は、まずかかりつけ医の診察を受けて復職しても大丈夫な状態かどうか確認してみましょう。今までの症状や病気の原因、進行具合など様々なことを基準にしながら判断してもらうことができます。また、自分で判断するときの基準としては、朝の起床するときに負担を感じずに起きることができるかどうか、昼寝をしなくても平気な状態で居ることができるか、軽い運動することができるかなどで判断してみて下さい。うつ病になっている人は、朝起きるのも、昼寝をしないのも軽い運動もとても負担に感じてしまうため、通常の生活を送ることができません。そのため、こういった事を難なくこなす事ができるかどうかが大切になってきます。

ある程度復職することができる状態に戻ることができれば、主治医の意見を参考に出勤日数や時間を会社と相談して調整してもらいましょう。うつ病という病気が原因で仕事ができないため、会社側もきちんとした診断書があれば調整してくれます。ですが、ここで焦ってしまっては意味がありません。せっかく症状が回復していても焦ってしまうことで再発リスクが一気に高くなります。まだ、会社に復帰するほど気持ちが安定していい場合は主治医に相談しながら、どういった場所が社会復帰するためのリハビリとして向いているか、病気が原因の場合どんな方法が向いているのか聞いてみてください。知識と経験が豊富な医師なら適切なアドバイスをしてくれます。また、主治医のアドバイスを聞いて挑戦することも良いことではありますが、病気が原因で働くことができない状態ということを自分がしっかりと認識しておきましょう。自分で認識することで、症状が緩和されます。