傷病手当金の申請|うつ病の原因は主にストレスと言われています

うつ病の原因は主にストレスと言われています

男の人

傷病手当金の申請

2人の男性

うつ病になってしまう原因は、人によって違ってきますが多くの人が病気が治らない場合の金銭面について心配になります。いくら病院が認定している病気といっても、治療期間が長くなれば長くなるほど貯金も減り社会復帰に対する不安も募っていきます。こういった不安もうつ病が悪化してしまう原因になるため、金銭面で悩んだ場合は、まずは健康保険に相談してみてください。うつ病の場合、傷病手当金を貰える可能性があります。傷病手当金を受け取るには四つの条件があります。一つ目の条件は、療養中であるということです。うつ病と診断され、まだ完治していな事を医師に診断してもらい判断します。二つ目に仕事をすることができない状態だと判断された場合です。うつ病といっても軽い症状から重度の症状の人などレベルは違ってきます。この場合もしっかりと医師に診断してもらいましょう。三つ目に四日以上仕事を休んでしまうという条件があります。この病気になってしまうと回復までに時間がかかるため、大抵の場合は完治までに四日以上はかかります。しかし、稀に四日以内に症状が軽くなり仕事復帰ができると診断されることもあるため、四日以上仕事をすることができない人が対象になります。四つ目の条件は、会社から給与が支払われていないことです。傷病手当金は、病気が原因で仕事をすることができず生活が困難になる人に対してのサポートのため会社から給料を受け取っている人は対象外になります。そのため、傷病手当金の申請をするときは、自分が条件に一致しているかどうか確認しておきましょう。

しかし、傷病手当金には支給限度というものがあります。これは、病気が原因で働くことができないと認定され傷病手当金を支給され始めたときから一年六か月が限度といわれているため、支給を受ける場合はいつまでが対象日なのか申請時に確認しておきましょう。そうすることで、支給限度日を過ぎたときの対処方を事前に確認しておくことができます。また、支払い期間は暦上で日数を計算し決めていくことも忘れないようにしましょう。途中で仕事復帰し再発した場合でも日数は変わりません。