理解と治療|うつ病の原因は主にストレスと言われています

うつ病の原因は主にストレスと言われています

男の人

理解と治療

カウンセリング

うつ病の治療にはうつに対する理解が必要です。少し前までは精神的な病気は軽視される傾向にありました。「放っておけば治る」「気分次第なのだからどうにかできる」「根性が足りないから」といった意見が大半で、病気に対してきちんと理解できていないのが原因で治療が遅れたり、治療をしない方が多くいたのです。しかし、病気に対しての知識を付けることで、うつに対する見方が変わり、治療にも役立つと言えるでしょう。まず最初に原因について知ることから始めます。うつ病の原因ははっきりとは解明されていませんが、ストレスが原因という意見が一般的です。対人関係や挫折や不安、環境の変化などによってストレスを感じます。ストレスを感じると精神的に不安定になり、感情のコントロールができなくなってくるでしょう。急に怒りの感情を覚えたり、悲しくなってきて意気消沈するようになります。落ち込んでしまうと中々立ち直れないのがうつです。何が原因かわからないが気分が落ち込んだ状況が続くようなら一度医師の診察を受けると良いでしょう。また、症状としては急激な食欲の増減や睡眠障害が現れます。仕事や趣味、恋愛などにも興味がなくなり無気力状態に陥ります。そして、このような状況に陥ってしまったのは自分のせいだと思うようになり、自分を責めるようになるのです。「自分が悪い」その思いがさらに精神を追い詰めていきます。集中力はなくなり、自殺を意識し始めます。「自分は必要のない人間だ」などと感じることが多くなるでしょう。ここまで病気が進行してしまうと、自分で対処するのは難しくなってきます。無気力状態で自己嫌悪に陥ってしまうと、医者に診てもらうことを考えなくなるからです。そもそも、この時点では自分を責めることが多くなる為、病気とは思わなくなります。行動力もなくなるので家からも中々でなり、病院の事を考えてもぼんやりとしか考えず、結局行動せずに終わるでしょう。その為、カウンセリングや相談を受けることなく自殺してしまうことが多いのです。
うつ病に罹っていても病院に診察やカウンセリングを受けない原因は、病気に対する理解の欠如と言えるでしょう。その理解の中には治療に対する知識も含まれます。どのように治療するか分からないため「精神病だから気合で治るだろう」と考えてしまうのです。このような考え方は危険で、患者を余計に追い込んでしまう原因となります。うつ病の治療には休養とカウンセリング、投薬治療を行います。カウンセリングでは、考え方などを改善するのに役立ちます。主観的な考え方になってしまうと自己嫌悪に陥りやすいので、客観的に物事を捉えられるように訓練します。また、患者の悩みや不安を聞いてあげることで、ストレスを軽減する効果もあります。個人で抱え込んでいた事を外に吐き出すことで、ホッとして気分が和らぐのです。十分な休養も必要で、ストレスの掛からない場所でゆっくりと休みながら投薬による治療を行います。カウンセリングだけでは精神的な落ち着きを取り戻すことができない方もいるので、薬で乱れた精神状態を落ち着かせることが大切なのです。